affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

「もし、1億円手に入ったらどうする?」という会社面接での質問に一体何を期待しているのか?

      2015/11/16

新卒採用面接では「もし、1億円手に入ったらどうしますか?」や「1億円と内定どちらが欲しいですか?」といった質問が結構多いようです。ちなみに私は中途採用面接しか受けたことが無いので、実務に直結する質問ぐらいしか経験ありません。

「もし、1億円手に入ったらどうしますか?」という質問では、「あなたなら1億円をどのように運用するのか?」というビジネス感覚を、「1億円と内定どちらが欲しいですか?」という質問では「弊社にどこまで忠誠を誓えるか?」というような探りを入れていると考えるのが一般的でしょう。

しかし、お手本のような回答をしたところで採用されるのは極一部なんですよね。だったら馬鹿正直に本音で勝負したほうが良いと思います。私だったらこう答えます。

「もし、1億円手に入ったら、まずは3000万円で都内に一戸建てを購入し、次に500万円の国産高級車を買います。車の維持費として今後50年で3000万円、残り3500万円は生涯のレジャー費や趣味の費用に充てます。普段の食費・光熱費・消耗品の買い替え等は毎月の給料で支払います。」とこんな感じで。

全く意外性も何も無い回答ですが、具体的なプランを提示すればその人の計画性だったり本当の人間性が見えてくると思うのでプラスに働くのではないかと思うんですよね。

また、「1億円と内定どちらが欲しいですか?」という質問。嫌らしい質問ですよね(笑)

そんなの「1億円」に決まってますよね。まだ入社もしてないワケですからその企業の本当の価値は分かりません。入社してもやりたい仕事が出来るとは限らないし、実はブラック企業なのかもしれない。1億円あれば低収入だけど本当にやりたい仕事に就くという選択肢も出てきます。

別に「1億よりも内定が欲しい」と企業に媚びる必要はないと思うんですよね。「1億円」を選択しても「なるほど」と納得させる理由があれば良いんです。それは、「内定」を選択した場合も同じです。

要するに教科書で学んだ上辺だけの回答じゃなく中身があるかどうかが重要です。面接は「あなた自身」をアピールする場なんです。もちろん上辺しか見ない企業・面接官もいるでしょうがそんな企業は切ってしまいましょう。上辺だけ取り繕っても入社後に苦労するだけですからね。

 - 雑記 , , , ,