affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

アフィリエイターにおける商品名SEOの重要性と使いどころ

   

アフィリエイターとSEOをは切っても切り離せないものですが、今回は「商品名SEO」の重要性とその使いどころについて解説します。

商品名SEOはなぜ重要なのか?

端的に言いましょう。

商品名SEOで集客するとコンバージョン率はかなり高まります。

理由は簡単。商品名で検索するユーザーは商品に強い関心がある(=購買意欲が高い)からです。商品に関心が無ければ商品名で検索することはまずありませんよね?

でも、検索上位は大手が独占しているため、流石に商品名だけでSEO対策をするのは無謀です。なので複合キーワードを使います。

組み合わせるキーワードの重要性

一般的には「商品名 ○○」、「商品名 △△」といった複合キーワードで対策することになります。

もちろん、このキーワードの選定も重要です。

例えば、ゲームソフトなら「商品名 レビュー」であれば購入を検討している人が検索する可能性が高いですが、「商品名 攻略」であれば既に購入済みのはずです。前者と後者どちらが売れるかは明白です。

というわけで商品名に組み合わせるキーワードの選定は重要です。ユーザーがどういう状況にいるのか、何を思って検索しているのかを想像することが大切です。

商品名SEO対策は激戦区。しかし臆することは無い!

先ほども言ったように商品名SEOでの検索結果は大手が独占しています。複合キーワードでも上位表示は相当難しいです。

しかし、諦めるのは早いです。

なぜなら、一つの商品に対して1ページしか作ってはならないルールなんて存在しないからです。

つまり、「商品名SEO対策を施したページ」と「間接的なキーワードでSEO対策を施したページ」の両方を作っても良いわけです。一つにこだわる必要性は無いんですよね。

たとえ激戦区でも運が良ければ上位表示され、たった1ページが毎月数万円のアフィリエイト報酬をもたらす可能性もあるわけです。

もちろんページを作る手間は2倍になりますが、それでも狙わないのは勿体無いですよ。1ページだけでは当たる可能性は低いですが、ページを増やせばヒットする可能性は高まります。

私が運営するゲームレビューブログでも、商品名SEO対策を施したいくつものレビューを書いていますが、やはり激戦区の為か半分以上はまともにアクセスのないハズレコンテンツです。しかし、何割かは公開して1年以上経っても安定したアクセス、アフィリエイト収入を維持出来ています。

商品名SEOの使いどころ。対策しても意味が無いケースとは?

商品名SEOが意味の無いケースもあります。

それは知名度が低く広告も出していない商品です。

商品名SEOは商品名で検索するユーザーを呼び込む為ものですから、その商品名が知られていなければ全く意味をなさないわけです。

ゲームや音楽、書籍の場合、報酬単価がとにかく安く1件で数十円程度です。1か月で10件成約しても数百円程度にしかなりません。たった数百円の為に数時間かけて記事を書くのは非効率的過ぎます。こういったジャンルの商品をアフィリエイトするなら話題性のある物を選ぶべきです。

ただ、知名度が低くてもアフィリエイト報酬が高額であれば試す価値はあります。例えば、1か月で100アクセスしかないページで2件しか成約しなくても報酬単価が5,000円であれば1か月で10,000円の収益になります。ライバルも少ないので穴場になる可能性があります。

また、商品の寿命も重要です。

一過性の高い商品はあっという間に検索されなくなります。しかし、ゲーム機やゲームソフトなどは比較的長い商品寿命なので上手くいけば数年間は安定的に収入を得ることが可能です。

おわりに

アフィリエイトでは「悩みキーワード」が稼げるキーワードとして有名であり常識です。悩み系キーワードに特化したコンテンツは特定の商品に依存しないので、コンテンツ内容はそのままに時期によってアフィリエイトする商品を切り替えることも容易です。

しかし、悩み系キーワードも激戦区なのでなかなか参入出来ないというのが実情です。

それに対し、商品名SEOは新商品が発売されるたびにチャンスが舞い込むので、激戦区でありながら穴場にもなり得るんです。

大事なのは一つの方法に固執しない事。

一つのことにこだわり過ぎると収入の安定性が失われます。様々な方法は並行的に試しリスクを分散することが重要です。

 - SEO(検索エンジン最適化), アフィリエイト