affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

新人に雑用を押し付ける会社が伸び悩む理由

      2015/11/06

なぜ新人が雑用をしなければならないのか?という記事が話題になっていたので便乗します。

雑用は新人がやるものという日本の悪しき風習

新入社員が雑用をやるのは日本では習慣化していますよね。たとえば、

  • 「新人なんだから雑用ぐらいやりなよ」
  • 「まだ他の仕事できないでしょ?じゃあ雑用やるしかないよね。」
  • 「若いうちは苦労は買ってでもするもんだよ。」

と言って雑用を新人に押し付けるわけです(押し付けるつもりは無くても「新人がやるべきもの」と思っている人は多いです)。

そして、新人君たちは「なぜ新人が雑用やらなきゃいけないんだ!」「自分は雑用をやる為にここに来たんじゃない!」と不満を漏らすわけです。すると、先輩や上司は「ふざけたこと言ってるんじゃない!」と叱責するわけです。

新人君が言ってることは本当に「ふざけたこと」なのでしょうか?どちらかというと「新人だから」という理由で雑用を押し付ける風習のほうが「ふざけている」と私は思います。

なぜなら雑用は「成長の機会を奪う」からです。

新人をいち早く戦力に育てることが会社の利益になる

たしかに新人が雑用をこなすのは合理的で、チームを円滑に動かすには良い考えです。しかし、それは新人が「今後も仕事が出来ない」、「成長の見込みが無い」という前提でのみ通用する考えなんですよね。将来的にその雑用がビジネスに活きれば良いですが、必ずしもそういう雑用ばかりではありませんよね。

新人に雑用を押し付ければ本来の業務を学ぶ時間が無くなります。本来なら3年で十分な戦力に育つはずが、雑用ばかりやっていたおかげで6年かかることもあるわけです。これは会社にとって損失です。もし、その新人が人の2倍3倍・・・それ以上の成果を出せる潜在能力を持っているなら尚更です。

分かりやすく極端な例を挙げると、年収1000万円クラスのエリート社員が10年働くのと20年働くのとでは、どちらが大きな利益を企業にもたらすか?ということなんです。当然、20年働くほうが単純計算で2倍の利益をもたらします。つまり新人をいち早く一人前に育て上げ、より長い期間前線で戦ってもらうことが重要なわけです。

雑用は手が空いてる人がやるべき

以上の理由により、新人に雑用を押し付ける会社は伸び悩むワケです。既に成功している会社は雑用を押し付けないようにすればさらに発展するはずです。雑用は新人・先輩・上司関係なく時間が空いた人がやるべきだと思います。

P.S.

↓ダイレクト・レスポンス・マーケティングの最高権威(いわば起業家の神)として名高いダン・ケネディの書籍です。起業家だけじゃなくビジネスに関心が強い人にもオススメです。

dan.k

世界一シビアな「社長力」養成講座 -ダン・ケネディ-

 - アフィリエイト , , , ,