affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

名刺代わりでは勿体無い!コーポレートサイトを活用した集客&成約方法

      2015/12/24

せっかく高い費用をかけてウェブサイトを作ったのに名刺代わりにしか使っていないのなら、それは損をしていることになっているかも知れません。

そもそも名刺代わりということは、名刺を交換する間柄の相手ぐらいしかあなたのサイトを見ていないわけです。それってほとんど意味がありませんよね?

理想は名刺を交換してない相手にもウェブサイトを見てもらいたいはずです。しかし、滅多に訪問者がいないのが現状だと思います。なぜなら、名刺代わりに作ったサイトなので集客&成約の事は考慮されていないからです。

そういうサイトは「実質死んでいるようなもの」なんですよね。

なので、死んだサイトを「生き返らせる」為の方法&手順を今回は紹介します。その方法には3つの手順があります。

  1. 見込み客の悩みは何か?どういった情報をもとめ検索するのか?を考える
  2. 見込み客の悩みを解消する為のコンテンツを作成し誘導する
  3. 誘導ページに自社サービスを薦め成約させる

では、この3つの手順について解説していきましょう。

1. 見込み客の悩みは何か?どういった情報をもとめ検索するのか?を考える

見込み客の悩みの1つは「どの会社を選ぶべきか」ということだと思います。

見込み客のほとんどは競合会社をリサーチします。より魅力的な、より自分に合った企業に依頼したいからですよね?

例えば、ウェブ制作会社を探しているなら「ウェブ制作会社 足立区 制作料金 安い」や「ウェブ制作会社 足立区 デザインレベル 高い」といったキーワードで検索し、悩みを解決する為の情報を探すわけです。

この「悩みキーワード」をヒントにコンテンツを作ります。

2. 見込み客の悩みを解消する為のコンテンツを作成し誘導する

「ウェブ制作会社 足立区 制作料金 安い」や「ウェブ制作会社 足立区 デザインレベル 高い」というキーワードで検索する見込み客はどんな情報を求めるか?

1つの答えとして挙げられるのが「まとめ」ページです。

見込み客はあらゆる制作会社のメリット・デメリットを知った上でその中から特に優れた会社に依頼したいので、制作会社の特色がまとめられたページは需要があり、それなりの検索ボリュームが見込めます。つまり、仕事を受注するチャンスが増えるわけです。

3. 誘導ページに自社サービスを薦め成約させる

まとめページで集客が出来ても自社サービスの成約に繋がらなければ意味がありません。そこで重要なのが自社サービスの提案です。

まとめページで紹介した他社サービスよりも自社サービスの方が優れていることをアピールしましょう。

しかし、単純に「安さ」や「デザイン力」を売りにしてしまうとナンバーワン以外は敗者になってしまいます。

そこで重要になるのがUSP(Unique Selling Proposition)という概念で、日本語では「独自の売りの提案」を意味するマーケティング用語です。

例えば、

「足立区の制作会社で3本の指に入る高水準のデザインレベルでありながらも低価格、さらにグーグル掲載順位5位以内を保証します」

というUSP。

このUSPがどの程度効果的かは計測しないと分かりませんが、ただ漠然と「業界トップレベルのデザイン」と言うよりは心に刺さると思いませんか?

少なくとも、足立区近辺の制作会社を探していて、そこそこのデザインで低予算、SEOもそこそこに重視している人であれば「良いかも知れない」と思うはずです。

「独自の売り(USP)」というと画期的なサービスと考えてしまいがちですがそうではないんですよね。一見ありきたりな内容でも組み合わせ方次第ではUSPに成り得るんです。もちろん、このUSPに当てはまる会社は無数にあると思いますが、これをあえて提示する事が重要なんです。

例えば、ガストと言えばチーズINハンバーグが有名ですが、これ以前もチーズINハンバーグを出している飲食店はあったはずです。しかし、それを大々的に宣伝したのがガストが初でした。あえて提示したことで強力なUSPになり成功したわけです。

ウェブサイトを有効活用すれば広告費ゼロで効率的な集客が出来る

ここまで述べてきたように、見込み客がどういった悩みを抱えているのかを考え、それに応えるコンテンツを作り、USPで見込み客の心に刺さるセールスを行えば、広告費ゼロで集客&成約が可能なんですよね。必要なのはページを作成するコストだけです(ウェブサイトは一度作れば継続的に利益を生みます)。

非常に少ないコストで実施でき、上手く行けば長期的に効果が得られるので是非お試しください。

 - Web制作テクニック, マーケティング ,