affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

書店がAmazonと対等に戦う唯一の方法それは「立ち読み」である

      2015/12/24

先日、「アマゾンを敵にまわすな」という記事がGIZMODOに投稿されましたが、今やAmazonはネットショップだけならず実店舗にも多大なダメージを与える驚異的な存在となっています。街角の書店は15年で8000店舗が廃業に追い込まれたという情報もあります。Amazonは今後も勢力を拡大していくでしょうから、類似ネットショップはいずれ飲み込まれていくでしょう。

つまり、正面からAmazonに挑んで勝てる可能性はゼロに等しいわけです。巨万の富を有しているマイクロソフトが全財産注ぎ込んでネットショップを立ち上げても勝てる見込みは無いでしょう。何故ならAmazonには長期的に運営してきたことによる「信用」が備わっているからです。

それではAmazonと対等に戦う方法は無いのか?という話になりますが、そんなことはありません。Amazonの影響を受けずに同じジャンルで戦うことは可能です。しかもAmazonの最も大きな強みとも言える「書籍」のジャンルであっても同じです。

というわけで書籍というジャンルでAmazonと対等に戦う方法を考えてみましょう。

Amazonと戦う方法その1.「立ち読み」を有効活用する

Amazonと書籍のジャンルで対等に戦う方法の1つが「立ち読み」です。

立ち読みを禁止にしている書店は以前に比べて増えたと感じますが、物凄く勿体無いことをしているんですよね。立ち読みが出来れば書籍の内容を知るきっかけになり、良書であれば高い確率で購入に結びつくわけです。Amazonでも一部の書籍を試し読みすることは出来ますが限定的過ぎて書籍の魅力を知るには至らないことも多いです。つまり、立ち読みはAmazonに対抗する大きな武器になるわけです。

しかし、「立ち読み」にはさじ加減が必要です。立ち読みだけで満足してしまうようなものは当然購入には結びつかないので、どの書籍を立ち読み可能にするかはよく考える必要があります。

どんな商品が立ち読みに有効かというと、「繰り返し何度も読みたいもの」や「家に帰ってじっくり読みたいもの」です。これらは立ち読み可能にしたほうが売れると思います。

Amazonと戦う方法その2.独自の商品を扱う

Amazonに無い独自の商品を取り扱うこと。これはジャンル問わず全てのネットショップ、実店舗で有効な方法です。

ジャンルがAmazonと競合していても、Amazonに無い商品であれば、その店舗で購入するしかないのでAmazonの影響を受けなくなります。しかし、それだけでは不十分です。独自の商品は魅力的でなければなりません

成功例を挙げると、独自の書籍を扱う「ダイレクト出版」という企業。グループ全体でも56名(2014年時点)と小規模ながら創業8年で107億円を売り上げました。

ダイレクト出版は私も数ヶ月前から利用していて、独自なだけあり商品数は少ないのですが、だからこそ商品の質が良いんですよね。少数精鋭ってことです。また、特定ジャンルに特化した商品を取り扱い、特定のターゲットに販売している為、ミスマッチが起きず顧客満足度が高いのも成功の秘訣の一つでしょう。

同社は無料メルマガも発行しているのですが、これがまた巧みなんですよね。どういうことかというと、購入した商品の付加価値になるような内容なんです。だからついつい読んでしまい、時折関連商品を薦められるとつい購入してしまうんです。

Amazonはより多くの人に買ってもらい利益を上げる方式ですが、ダイレクト出版は濃い客を集め一人当たりの購入額を増やす方式ですね。

私も購入済みのダイレクト出版のお勧め書籍を紹介します。

一つは「ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック」というタイトルで、どういった文章を書けば商品が売れるのかを学べる良書です。売上げに直接に影響するテクニックなので物を売る人なら絶対読んでもらいたい書籍です。この知識はチラシやセールストークにも応用できるので活用の幅は広いですよ。

もう一つは起業家であれば読むべき一冊「世界一シビアな「社長力」養成講座」です。ダイレクト出版で今一番売れている書籍です。マーケティングの世界的権威ダン・S・ケネディの書籍なので間違いない内容です。私は起業家ではありませんが従業員が読んでも身になる内容です。結構衝撃的な内容です。

おわりに

ビジネスに限らずですが、何かで成功を収めるためには、競合に打ち勝つ絶対的な自信が無い限りは、競合とは異なる角度から攻める必要があります。それがAmazonの影響を受けずに戦うことができる唯一の手段です。柔軟な考えを持つように心がけましょう。

最後にあえてもう一度言いますが、立ち読みは可能にすべきです。顧客第一に考えるならそうあるべきです。内容が分からないものを購入するなんてギャンブル他なりませんからね。。。

立ち読み支持派のかたは是非ツイートお願いします!

 - アフィリエイト, マーケティング , , ,