affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

Amazonアソシエイトで稼ぐには低額商品と高額商品どちらを売るべきか?

      2015/12/24

アフィリエイトといえば欠かせないのがAmazonの商品を紹介する「Amazonアソシエイトプログラム」。普段誰もが利用しているAmazonのアフィリエイトプログラムだから参加のハードルが低く、紹介できる商品のバリエーションも業界最多(のはず)なので多くの人が利用していると思います。

商品数が多いからこそ起こる問題があります。それは、「何を紹介して良いか分からない」というものです。選定基準は色々とありますが、今回は『低額商品と高額商品』どちらを取り扱うべきかに絞って考えてみます。

その前に低額と高額の定義をしておきます。

  • 低額商品・・・5,000円未満
  • 高額商品・・・5,000円以上

と定義しましょう。
扱う商品ジャンルによって価格帯は大きく変わってくると思うので数値は参考程度にしてくださいね。

SEOで集客するなら高額商品を売ろう

結論から言うと高額商品を売るべきと考えます。もちろん紹介料率は同じとしてですよ。

その理由は、ほとんどの人が検索エンジン経由、つまりSEOによる集客を行っている人が大半だからです。SEOの難易度は扱う商品のジャンルによって大きく変わってきますが、価格による違いはほとんどありません

つまり、同じジャンルの1,000円の商品Aを売るのと、5,000円の商品Bを売るのとでは難易度違いはほとんど無いということです。もちろん商品Aと商品Bが品質が全く同じなら安いほうが売れて当然ですが、一般的に商品には価格相応の価値があるはずなのであまり気にしないことです。

そんなことよりも一番のネックは集客なんです。一般的な小売業では安いものは大量に売って利益を得るわけですが、SEOは安いからといって大量に集客出来るというものでは無いのです。だから比較的に値段が高いものを確実に売ったほうが利益がつながるわけです(SEO以外の集客が可能な人はその限りではありません)。

ページを売る体裁にしなければどの道売れない

一つ勘違いしてはいけないことがあります。それは商品売る体裁になっていなければ価格に関係なく売れないということです。多くの人がやっている「ただの商品紹介」では売れないんです。つまり、商品を売るための「セールスコピー」を書く必要があるわけです。セールスコピーが学べる書籍はいくつかありますが、最初の一冊としてオススメしたいのが「ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック」です。是非読んでみてくださいオススメです。

 - SEO(検索エンジン最適化), アフィリエイト, マーケティング , ,