affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

アフィリエイトで成功できない人の共通点

      2015/12/24

多くの人が期待を込めてアフィリエイトを始めるわけですが、期待とは裏腹に全く成果が出せずガッカリして諦めてしまう人が多いんですよね。そういう人の多くが「無駄」なことに時間を割いている傾向にあると感じます。

あなたは自分のアフィリエイトサイト・ブログで書いてる記事の内、どれに価値があり、どれが無駄か分かっていますか?また、アフィリエイトについての情報収集で「無駄」な情報に流されていませんか?無駄を把握することがアフィリエイトで成功する為の第一歩になるんです。

実際に成功者は「無駄」をとにかく省いて効率的に有益な情報を吸収します。具体例を挙げると、この記事の後半で紹介する2冊の書籍を出版しているダイレクト出版の寺本隆裕さんは午前中だけで3冊もの書籍を読みます。何故そんな短時間でそれだけの量を読めるのか不思議に思うかもしれませんが、寺本さんいわく「必要なところだけを読み、無駄な部分は飛ばす」だそうです。私には真似できない贅沢な本の読み方ですがこうやって成功しているわけです。

アフィリエイトにおいて「無駄」とはなんでしょうか?正解は報酬に結びつかない作業です。例えば、当ブログに投稿された半分の記事は社会問題に関するものなのでほとんど報酬に結びつかず「無駄」だと言えます。しかし、「無駄」だと理解していて作業しているなら良いんです。問題なのは「無駄」な事だと知らずにやり続けてしまうことなんです。多くのアフィリエイターがそういう状態に陥っているんですよね。だから「なぜか結果が出ない!」と嘆くわけです。

「無駄」ではないものは色々とありますが、最も代表的、つまり最も価値のあるのはアフィリエイトを成約させる事ができるページです。極論を言えば報酬さえ発生すればこのページ1つあれば十分なんですよね。

そして、アフィリエイトの成約率を高めるにはこの商品を「欲しい」と思わせることが出来なければなりません。こう書くと物凄く単純なことなんですが、売れない人の多くが「欲しい」と思わせるには何をすればいいかを理解していないんですよね。

ネットで検索すれば「欲しい」と思わせる方法を見つけることは出来ますが、しかしそれは広大な海から財宝の眠った孤島を探すようなものです。それくらいネットには嘘だったり信憑性の薄い情報が出回っています。このようにアテも無く情報を求めることも「無駄」な行動の一つだと言えますよね。

「無駄」を省くには経験者を頼ろう

アフィリエイトで成功している人は何が無駄で何に価値があるかを知っています。だから成功することが出来るわけです。もし、知り合いにアフィリエイトで成功している人がいるならその人にコツを教えてもらうのが一番です。

しかし、そういうアテも無い人も多いと思います。しかし、心配はいりません。なぜなら私も成功者の一人だからです。有名アフィリエイター程ではありませんが、最大で月30万円のアフィリエイト報酬を得た実績があります。むしろ有名アフィリエイターのアドバイスよりも役に立つかもしれません。私がそうだったように有名アフィリエイターのアドバイスは凄すぎて逆に参考にならないんですよね・・・(笑)

そこで、アフィリエイトの成果を飛躍的に上げるテクニックが書かれた書籍を2冊紹介します。これらの書籍は私が実際に購入し読み込んだもので効果は実証済みです。いずれも利益を生む出すことを目的に書かれた書籍ですから「無駄」が極力省かれています。他にもオススメの書籍はありますが、私がアフィリエイトで成功するきっかけになったのがこの2冊なんですよね。なので今回はこの2冊に絞りました。それではその2冊の特徴をざっくりと紹介してきます。

affiliate-success

推薦書その1:ウェブ・セールスコピーの法則

「ウェブ・セールスコピーの法則」はネットの動画広告でお馴染みの人も多いかと思います。専門書でありながら3万冊以上が売れ、今もなお売れ続けています。ちなみに本書は先ほど話しに出てきた寺本さんが監訳を務めているので内容は保証済みです。

「ウェブ・セールスコピーの法則」には商品を「欲しい」と思わせる為の技術である「セールスコピー」について書かれています。基本的なセールスコピーの書き方はもちろんのこと、それに加えメールを活用したコピーの書き方や、ウェブサイトの仕組みを利用したセールステクニック、さらにはSNSやSEOの知識まで幅広く書かれています。

特に重要なのがDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という概念を特に力を入れて解説している所が類似書籍との大きな違いです。DRMは長期的に安定して売上を上げる為に欠かせない要素なんですが、意外と国内では活用している人が少ないんですよね。そして、大きく成功している人のほとんどがDRMを活用している事実があります(本書の出版社がDRMを活用しています。実際に買ってみるとどういうものか分かります)。

「そこそこアクセスがあるのに何故か売れない・・・」という方は本書に書かれているスキルが足りてない可能性が高いです。もし、売れない理由が分かっているなら本書は必要ありませんが、理由が分からないなら一度読んでみてください。きっと前進できるはずです。

「ウェブ・セールスコピーの法則」の詳細を見る

「洋書は分かり難くて嫌だ!」という人は「ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック」のほうが良いかも知れません。こちらの方がよりセールスコピーに特化された内容になっていて、しかも和書なのでとても理解がしやすく効率的です。

「ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック」の詳細を見る

推薦書その2:現代広告の心理技術101

「現代広告の心理技術101」は「ウェブ・セールスコピーの法則」とは違いほとんど宣伝がされていません。しかし、1万冊以上が売れています。部数以上に凄いのが評価の高さです。これまで発売された類似書籍を「全部入り」にした内容だと絶賛されているんです。

「ウェブ・セールスコピーの法則」がセールスコピーの全体像を知るために最適な書籍であるのに対し、「現代広告の心理技術101」は心理的テクニックに特化した内容になっています。つまり、セールスコピーの細かい作法よりも普遍的なテクニックを解説しているんです。ということはセールスコピーを書く以外にも例えば営業トークなんかにも活用できるわけです。

先ほども書いたように商品を売るには「欲しい」と思わせる事が最重要なわけです。その為には本書に書かれた数多くの心理テクニックが必要になります。本書で学べば心理テクニックを利用し「欲しい」と思わせるように誘導する事が出来るようになるんです。

人間心理を解説した本だけあって、この本自体にもそういった心理トリックが組み込まれていて、面白くてついつい読み進めてしまうんですよね。

「ウェブ・セールスコピーの法則」にも心理テクニックが書かれていますが、本書はその内容をさらに突き詰めた内容になっているので、「ウェブ・セールスコピーの法則」と組み合わせると相乗効果が生まれオススメです。

「現代広告の心理技術101」の詳細を見る

いずれも上記の公式サイトから購入するとお得で全額返金保証が付いてきます。Amazonでは転売品しか売ってないので保証は付きません。さらに書籍を購入してから1年間は無料のコピーライティングの雑誌が送付されます。結構勉強になることが書かれているので重宝しています。そして、「無料オファー」や「値引き販売」も実施されたりするので公式サイトでの購入がとにかくオススメです。

なお、「ウェブ・セールスコピーの法則」に関してはレビュー記事も書いているので良かったら参考にしてみてください。「現代広告の心理技術101」のレビューは後日執筆する予定です。

 - SEO(検索エンジン最適化), アフィリエイト, セールスコピーライティング, マーケティング , , , ,