affiliate.ks-product

アフィ収入月10万円以下の初心者を対象に、アフィリエイト、SEO、セールスライティング、マーケティングなどネットで安定して稼ぐ方法を分かりやすくまとめています!関連書籍のレビューも書いています

良いアフィブロガー、悪いアフィブロガーの違いを比較

   

アフィリエイト(アフィリエイター)やアフィブロガー(アフィリエイトで稼ぐブロガー)という言葉にあまり良いイメージを持っていない人は多いと思います。

これは一部のアフィブロガーの詐欺まがいの行為が、これらの言葉のイメージを低下させたからでしょう。その結果「アフィカス(アフィリエイトで稼ぐカス野郎)」なんて言葉も生まれてしまう始末。

でも、アフィリエイトもアフィブロガーも本来は悪い意味を持つ言葉では無いのです。言ってしまえばアフィブロガーは「ネット上の販売員」ですからね。

「ネット上の販売員」というだけでアフィリエイターやアフィブロガーが嫌われる一番の原因は匿名性だと思います。このことを踏まえ、「良いアフィブロガー」と「悪いアフィブロガー」の違いを比較していきます。

悪いアフィブロガーとは?

まず最初に悪いアフィブロガーについて。

悪いアフィブロガーについては語るまでもないでしょう。あなた自身が感じていることですから。でも、それじゃ記事にならないので悪いアフィブロガー(と運営ブログ)の特徴をまとめます。

  • 詐欺まがい商品を薦めてくる
  • 嘘レビューで買ってもいない商品を薦めてくる
  • 広告だらけで使いにくい
  • 人の記事を転載して楽して稼ぐ(2chまとめサイトなど)
  • 人を誹謗中傷したりして稼ぐ(2chまとめサイトなど)
  • 内容が薄い

こんな感じでしょうか。

一言でまとめると「自己中心的で自分の利益しか考えていない」のが悪いアフィブロガーです。

彼らは、稼ぐ為なら犯罪まがいの事を平気でやります。非ネットの販売員に例えるなら高額な美顔器や絵画を売り付ける悪徳業者のようなものです。

ネット上は匿名性がある為、そういった詐欺まがいのことがリスク無く出来てしまうんですよね。だから、ネット上の「情報商材」と呼ばれる分野の商品は90%以上が詐欺まがいと言われるくらい、当たり前のように不正が蔓延しているんです。

良いアフィブロガーとは?

逆に良いアフィブロガーとはなんでしょうか?

早速、良いアフィブロガーの特徴をリストアップします。

  • 人の役に立つ
  • 人を楽しませることが出来る
  • 人の共感を得る

というように「相手(ユーザー)の利益を考えている」のが良いアフィブロガーの特徴です。

例えば、Webデザインに関する有益な情報を提供していることで有名なブログ「Webクリエイターボックス」さんは、アフィリエイトで収益を得ています(どちらかというと広告枠を販売して利益を得ているようですが)。また、iPhoneやMacに関するネタを日々提供している「gori.me」さんも同じくアフィリエイトで広告収入を得ています。

こういったブログにはアフィブログ特有の嫌らしさがありません。むしろブックマークして定期的に訪問したくなりますよね。それはユーザーに利益を与えることが出来ているからなんです。

また、良いアフィブロガーの共通する特徴として「顔出し」しているケースが多いんですよね。「顔出し」は記事の信頼性を高めます(顔出ししたらいい加減なことは言えませんからね)。記事の内容に自信があるから「顔出し」が出来るんです。

そして、悪いアフィブロガーよりも良いアフィブロガーの方が稼げるんです。

何故だか分かりますか?

良いアフィブロガーの方が稼げる理由

良いアフィブロガーは悪いアフィブロガーよりも稼げます。

理由は簡単です。
良いアフィブロガーは以下の5つの流れによって収益を得ているからです。

  1. 良質な記事を投稿し信頼関係を築く
  2. 自分が薦める商品をユーザーが納得した上で購入する
  3. ユーザーは「ここで買って良かった。またここで買いたい!」と思う
  4. ユーザーはリピーターになり、繰り返し自分が薦める商品を購入する
  5. 口コミで拡散され、さらなる好循環を生む

という事なんですよね。

有名ユーチューバーも一緒ですね。彼らはユーザーの求めるネタを提供し、信頼関係を築くことで大量のリピーターを獲得しています。そのリピーター達は「このユーチューバーがおすすめだよ」と言って勝手に口コミを広めてくれるわけです。

逆に、悪いアフィブロガーはこうはなりません。

先ほど紹介した5つの流れの1つ目「1.良質な記事を投稿し信頼関係を築く」の段階でつまづきます。なので、初見のユーザーを騙して稼ぐしかないのです。当然、信頼は下がる一方なのでますます売れなくなりますし、詐欺まがいの事をやれば法的責任を問われる可能性すらあります。

それなのに悪いアフィブロガーが多い理由

なぜ、良いアフィブロガーの方が稼げるのに、悪いアフィブロガーが多いのか?

理由は2つあります。

1つは、高額報酬に釣られるからです。

詐欺まがいの商品って報酬単価が数万円、高いものでは10万円以上と馬鹿みたいに高いんですよね。当然それだけ商品価格も高額になります。

こんな胡散臭い商品を購入する人はまずいませんが、極稀に購入してしまう人がいるんですよね。たった1つでも売れれば数万~十数万円もの儲けになるので、誘惑に負けて手を出してしまう人が後を絶たないというわけです。

もう1つは、正攻法で稼ぐ方法を知らないからです。

おそらく、詐欺まがい商品を販売する悪いアフィブロガーも、始めはまともな商品をアフィリエイトしていたと思うんですよね。でも、稼ぐ方法を知らないので思うように売れなかった。だから報酬単価が異常に高い詐欺商品のアフィリエイトを始めたのでしょう。

正攻法で稼ぐには、先ほども言った

  • 人の役に立つ
  • 人を楽しませることが出来る
  • 人の共感を得る

このいずれか最低1つは満たすことが大切です。それが、信頼関係を築き、リピーターを増やし、あなたが薦める商品を購入してくれる可能性を高めます。

おわりに

もし、あなたがアフィリエイトで成功したいなら、良いアフィブロガー(アフィリエイター)を目指してください。

その方が稼げますし、あなたの社会的地位も高めます。そして、人から信用されるのは嬉しく楽しいので、モチベーションを保つことにもつながります。

また、良いアフィブロガーが増えれば、世間のアフィリエイトに対する評価も改善されます。結果的にアフィリエイト業界全体の収益性が向上するはずです。

大事な事なので最後にもう一度言います。
良いアフィブロガーを目指しましょう。その方が稼げます。

 - アフィリエイト , ,